FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

用事を済ませ、午後から「納古山(632.9m)」へ出掛けました。

目的は”アカヤシオ”です。

中級コースから登ります。
2_convert_20190416200943.jpg

駐車場にこんな物が…
1_convert_20190416200923.jpg
読んでみると豚コレラの拡散を防ぐため下山後に靴底にスプレーしてくださいとの事、猪が居るからのようです。

沢を何度も渡り進みます。
3_convert_20190416200958.jpg

水飲み場もあります。
4_convert_20190416203623.jpg
美味しかったです。

急登を過ぎ、
5_convert_20190416201035.jpg
馬酔木をパチリ。
6_convert_20190416201104.jpg

最初の岩場です。
7_convert_20190416201120.jpg

登ると「天空の岩展望台」と書かれたところで、「御嶽山」がきれいに見えました。
8_convert_20190416201137.jpg

9_convert_20190416201154.jpg

ヒカゲツツジの間を登ります。
10_convert_20190416201210.jpg

11_convert_20190416201230.jpg

二番目の岩場です。
12_convert_20190416201252.jpg

登ると、今日初めての”アカヤシオ”です。
14_convert_20190416201310.jpg

色も花びらもやさしい花です!
15_convert_20190416201331.jpg

尾根伝いに進むと、初級者コースとの合流地点に出ます。
16_convert_20190416201351.jpg

ここから山頂は近いです。

山頂のすぐ下で「山頂右へ」の所を真っすぐ細い道を進みます。
17_convert_20190416201420.jpg

アカヤシオ群生地です。
咲いていました!咲いていました!すごくきれいです!
19_convert_20190416201506.jpg

20_convert_20190416201531.jpg

21_convert_20190416201554.jpg

空色にアカヤシオの色がとてもよく映えます。
18_convert_20190416201437.jpg
いっぱいカメラに納め、さあ山頂へ。

山頂の標識が新しくなっていました。御嶽山とのツーショットです。
22_convert_20190416201613.jpg

移動したノコリンは白山とのツーショット。
23_convert_20190416201640.jpg

中央アルプスです。
24_convert_20190416201659.jpg

下山も中級コースを下りました。

アカヤシオを見るなら今です。ぜひお出掛けを。





 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
スポンサーサイト
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2019.04.14/ 23:17(Sun)
多治見陶器まつりと同時期に開催の「市之倉陶祖祭」へ行って来ました。
IMGP8007_convert_20190415091632.jpg

20か所の窯元をめぐるイベントです。
IMGP8008_convert_20190415090348.jpg

会場内はシャトルバスが運行されています。

私たちは歩いて回りました。

それぞれ独自の特色を出して作陶されていて、興味深く見れました。

「市之倉さかずき美術館」の広場ではクラフト市も開催されていて、なかなか素敵な作品、自分色を出した作品が並び、とても楽しかったです。
IMGP8001_convert_20190415090142.jpg

IMGP8000_convert_20190415090122.jpg

IMGP8002_convert_20190415090157.jpg

そこから「幸兵衛窯」へ。
IMGP8003_convert_20190415090214.jpg

建物もいい雰囲気を出しています。
IMGP8004_convert_20190415090230.jpg

IMGP8005_convert_20190415090248.jpg

ここでは、素敵な色の陶器のイヤリングを購入。
IMGP8010_convert_20190415090431.jpg
ここは人気の窯元で大変混雑していました。

そこからまた何か所か見て回り、最後に「うつわの店 たかぎ」へ。
IMGP8006_convert_20190415090308.jpg

こんなかわいい小鉢を見つけました。
IMGP8009_convert_20190415090412.jpg

天気も良く、桜もきれいで、いっぱい歩けました。

「陶祖祭」開催を今日の朝刊で見つけ、すぐ出掛けました。

やっぱり”焼き物”を見る事が好きです!





 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2019.04.11/ 18:43(Thu)
久しぶりに「金華山(329m)」へ。

めい想の小径から登り、
1_convert_20190411184423.jpg

いつものように”馬の背コース”を進みます。
2_convert_20190411184442.jpg

馬の背コースはこんな登りが続きます。
3_convert_20190411184458.jpg

4_convert_20190411184514.jpg

5_convert_20190411184532.jpg

そして空が近づくと階段が見え、
6_convert_20190411184551.jpg

山頂の岐阜城です。
8_convert_20190411184632.jpg

7_convert_20190411184610.jpg

自販機の絵も岐阜城の古絵図柄です。
9_convert_20190411184701.jpg

お城の入口です。
10_convert_20190411184727.jpg
時計がいい感じです。

少し休憩し、大好きな”石垣”を見に回り道です。
11_convert_20190411184756.jpg

信長が築いたとされる石垣です。
12_convert_20190411184817.jpg

少し進むと「堀切」が…やっぱり通ってみました。
13_convert_20190411184844.jpg

13-1_convert_20190411184909.jpg

さあ下山です。

今日は「七曲登山道」を下ります。
14_convert_20190411184939.jpg

一番緩やかで”家族向きの登山道”と書かれていました。
14-1_convert_20190411184957.jpg

短時間の山行きでしたが、天気も良く、気分スッキリです!




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2019.03.31/ 14:10(Sun)
気持ちだけは”青春?”のお気楽四人組は、「醍醐の桜」を目当てに出掛けました。

山科で降り、地下鉄東西線で「醍醐駅」下車。徒歩10分位で着きました。

総門です。
1_convert_20190331141036.jpg

早速”桜”が迎えてくれます。
3_convert_20190331141110.jpg

2_convert_20190331141053.jpg

受付を済ませ、「唐門」前を通り
7_convert_20190331141223.jpg
「三宝院」へ。
4_convert_20190331141125.jpg

表書院から見た庭園です。
5_convert_20190331141142.jpg

枝垂桜がとても美しかったです。
6_convert_20190331141201.jpg

さらに奥へ進み、「仁王門」を潜ると…
8_convert_20190331141333.jpg

国宝の「五重塔」です。
9_convert_20190331141350.jpg
京都府下最古の木造建築物だそうです。

さらに奥には、西国三十三観音霊場第十一番札所となっている「観音堂」があります。

広いお寺でしたが、人もとっても多かったです。

次は、「妙顕寺」です。
地下鉄烏丸線「鞍馬口」下車。

ここも枝垂桜が待っていてくれました。
10妙顕寺_convert_20190331141406

お庭の赤松が見事でした。
11_convert_20190331141427.jpg

11-1_convert_20190331141445.jpg

次は「本法寺」です。妙顕寺の近くです。

12_convert_20190331141507.jpg

多宝塔がありました。
13_convert_20190331141526.jpg

ここのお目当ては、春の特別公開でのみ真筆を拝観できる「長谷川等伯…涅槃図」です。
縦10m、横6mの大きなものです。
息子久蔵を亡くし、嘆き悲しむ自身の姿も描かれていました。
撮影禁止ですので載せられませんが、必見の価値ありです。ぜひお出掛けを。 

長谷川等伯が菩提寺の本山であった本法寺を拠点に活躍したという事で、銅像もありました。
14_convert_20190331141546.jpg

これで御寺巡りは終わり、最後に「半木(なからぎ)の道」へ。
40分位歩きましたが、頑張って行ってよかったと思える所でした。
16_convert_20190331141634.jpg

広々とした気持ちのいい所です。
17_convert_20190331144231.jpg
桜が満開になると、きっと人でいっぱいになるのでしょう。

さあ京都駅へ戻ります。
めいっぱい動いた一日でした。
今回の歩行数…19000歩!
よ~く歩けました!



 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2019.03.26/ 13:53(Tue)
駐車場で現地の人からのアドバイスを戴き、桜尾根コースから登って、灯台コースに下る事にしました。
1_convert_20190326203851.jpg

駐車場から階段を登って、道路を横断します。
2_convert_20190326203910.jpg

登山口には、私有地の為…ということで脚立を横にして通れなくしてあり、そこより少し先に、先行者を見つけたので、その後を登ったら正解でした。
3_convert_20190326203926.jpg
案内板があるといいなと思いました。

登山道を進むと、驚きました。両側にず~と「雪割草」が咲いているのです。
4_convert_20190326203946.jpg

行っても行っても、色とりどりの雪割草が満開なのです。
5_convert_20190326204003.jpg

5-1_convert_20190326204818.jpg

6_convert_20190326204836.jpg

6-1_convert_20190326204858.jpg

7_convert_20190326204915.jpg

8_convert_20190326204932.jpg

9_convert_20190326205002.jpg

一つ目のピークまでず~と雪割草です。

そして少し上まで行くとセリバオウレンや
10_convert_20190326205019.jpg
カタクリもたくさん咲いていました。
IMGP7818_convert_20190326224124.jpg

雪の間の登山道を登り詰めると
13_convert_20190326205132.jpg
「角田山(481.7m)」山頂です。
14-1_convert_20190326205153.jpg

広い山頂には、避難小屋があり、ストーブが焚かれていました。
15_convert_20190326205209.jpg

ランチの後、灯台コースへ下山します。
16_convert_20190326205225.jpg

17_convert_20190326205252.jpg

こちらにはキクザキイチゲ、
12-1_convert_20190326205112.jpg
カタクリそして雪割草も少し見られました。
11_convert_20190326205036.jpg

痩せ尾根を通り、
21_convert_20190326205417.jpg
体が持って行かれるような強風の中、急こう配の登山道を下ります。

ごつごつとした岩場や狭い道を下ります。
19_convert_20190326205336.jpg

はるか下の方に灯台が見えます。
18_convert_20190326205312.jpg

あそこまで急な道を転ばない様に気を付けて下ります。
20_convert_20190326205358.jpg

やっと灯台まで来て、
22_convert_20190326205447.jpg

23_convert_20190326205507.jpg

すぐ下の「半官舟かくし」を見学、
24_convert_20190326205528.jpg

25_convert_20190326205545.jpg

岩に掘られたトンネルを通って駐車場へ。
27_convert_20190326205623.jpg

今日は”雪割草”が目的だったので大満足です!

自然の中で咲く雪割草を、こんなにたくさん見たのは初めてでした。

雪割草を充分堪能しながら登り、海を見ながら下山するという今日のコースは大正解でした。

天気にも恵まれ、大好きな花にも逢え、程々の行程の疲れでとってもいい山行きとなりました。

やっぱり”山はいい~!”です。



 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2019 木っ端と布切れ, all rights reserved.
まとめ