FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

2019.09.13/ 20:56(Fri)
今回は”城めぐり”です。

「七尾城址」へ行って来ました。

今回も”ひるがのSA”からの「白山」をパチリ。
1_convert_20190913164717.jpg

石川県七尾市へ向かいます。

七尾城は、守護大名として169年間能登を統治した畠山氏の居城です。
山全体が城とも言える、大規模な山城です。

七尾城の案内板です。
2_convert_20190913164739.jpg

2-1_convert_20190913164755.jpg

進むと、「調度丸跡」が最初にありました。
2-2_convert_20190913164814.jpg

ここから「本丸」へ登ります。
3_convert_20190913164842.jpg

いきなりのきれいな”石垣”に感激です!
4_convert_20190913164902.jpg

重臣の「遊佐屋敷跡」を通り、
5_convert_20190913164919.jpg

この階段を登ります。
6_convert_20190913164939.jpg
石垣が美しいです!

「本丸跡」です。
7_convert_20190913165000.jpg

8_convert_20190913165016.jpg

9_convert_20190913165038.jpg

ここからの能登島や、七尾湾の眺望がすばらしいです!
10_convert_20190913165058.jpg

本丸の奥に「本丸外桝形」が残ります。
11_convert_20190913165119.jpg

木の間にも野面積みの石垣が残ります!
12_convert_20190913165137.jpg

七尾城散策コース、
13_convert_20190913165157.jpg
広いです。

「桜馬場跡」まで来ました。
14_convert_20190913165218.jpg

重臣の「温井屋敷跡」です。
15_convert_20190913165235.jpg

大手門があったとする説もある「九尺石」です。
16_convert_20190913165255.jpg

16-1_convert_20190913230159.jpg

「二の丸跡」です。
17_convert_20190913165313.jpg

「三の丸跡」に向かいます。
18_convert_20190913165331.jpg
急な階段を二か所下ります。

「大堀切」が現れました。
19_convert_20190913165359.jpg

19-1_convert_20190913165417.jpg
二の丸と三の丸を断ち切る様な深い堀切です。

「三の丸跡」まで来ました。
20_convert_20190913165438.jpg

21_convert_20190913165454.jpg

ここから「安寧寺跡」へ,またまた下ります。
22_convert_20190913165513.jpg

「安寧寺跡」です。
23_convert_20190913165533.jpg

23-1_convert_20190913165552.jpg

さらに進むと「とよの水」という水源がありました。
24-1_convert_20190913165616.jpg
城内の水を全部賄っていたそうです。(?)

僧兵が住んでいたという「寺屋敷跡」です。
25_convert_20190913165639.jpg

そして最初の階段に続く所まで戻って来ました。
26_convert_20190913165707.jpg
見上げるような石垣が迎えてくれました!

「最もすぐれた山城構造の全貌を知る事が出来る城跡で、単なる立て籠もりの砦ではなく、多数の屋敷地が集結した壮大な城郭構造は、「山上都市」として機能していたことを示している」とパンフに書かれていました。

まさにそれを実感した貴重な時間でした。

近くの展望台へも行ってみました。
27_convert_20190913165730.jpg

28_convert_20190913165755.jpg

「七尾城史資料館」も見学しました。
29_convert_20190913165815.jpg

そして、本丸から見えた「能登島」へ渡ってみました。
30_convert_20190913165832.jpg

島内を進むと古墳が…。
国指定「須曽蝦夷穴古墳」です!
31_convert_20190913165856.jpg
古墳に出会えるなんて思ってもいなかったのでラッキーでした。

七尾湾を臨む高台に築かれ、小さい板石を積み上げた二基の石室がありました。
様式から「高句麗様式」の方墳だそうです。
35_convert_20190913170013.jpg

石室案内図、
32_convert_20190913165916.jpg
発掘調査の様子です。
33_convert_20190913165934.jpg
内部をパチリ。
34_convert_20190913165955.jpg

能登島をぐるっと回ってみましたが、案外広かったです。

帰りに「道の駅 氷見」に立ち寄りました。
36_convert_20190913170035.jpg

”行きたい所、見たい物ノート”からのお出掛けでした。




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2019.08.28/ 09:43(Wed)
26日(月)今週唯一の☀マーク、「乗鞍岳」へ出掛けました。

”ひるがのSA”からの「白山」です。
1_convert_20190827202022.jpg
スッキリ~!

ほうのき平からバスで「畳平」へ到着。2702mです。
2_convert_20190827202045.jpg

真っ青な空!
3_convert_20190827202105.jpg

さっそく高山植物が…時期的にもうダメかなと思っていましたが…咲いていました!
コマクサ、
5_convert_20190827202129.jpg
トウヤクリンドウ、
6_convert_20190827202145.jpg
イワツメクサ、
7-1_convert_20190827202226.jpg
アキノキリンソウ、
8_convert_20190827202241.jpg
ヨツバシオガマ(花は終わっていました)、
9_convert_20190827202256.jpg
ハハコグサです。
34_convert_20190827203633.jpg
これだけで来てよかったと思いました。

快晴に「槍ヶ岳と穂高連峰」がくっきりと見えます。
10_convert_20190827202312.jpg

ウサギギク、
12_convert_20190827202500.jpg
イワギキョウ、
14_convert_20190827202606.jpg
コウメバチソウ、
15_convert_20190827202629.jpg
羽毛状のチングルマにも逢えました。
16_convert_20190827202654.jpg

剣が峰が見えて来ました。
17_convert_20190827202713.jpg

”肩の小屋”へ到着。
18_convert_20190827202748.jpg

19-1_convert_20190827202841.jpg

”鶴が池”がきれいに見えます。
11-1_convert_20190827202437.jpg

”摩利支天岳”に建つ「コロナ観測所」です。
18-1_convert_20190827202807.jpg

剣が峰登山口から登り始めます。
20_convert_20190827202902.jpg

ガレ場の急登を登ります。
21_convert_20190827202923.jpg

22_convert_20190827202940.jpg

”不消ケ池”です。
23_convert_20190827203016.jpg

大分登って来ました。
あと少しで”剣が峰”です。
24_convert_20190827203223.jpg

頂上小屋まで来ました。
24-1_convert_20190827203245.jpg

岩場を登ると山頂(3026m)です。
25_convert_20190827203305.jpg

「乗鞍本宮奥宮」に参拝。
26_convert_20190827203323.jpg

山頂直下の権現池です。
27_convert_20190827203343.jpg

今まで登って来た道が見えます。
28_convert_20190827203036.jpg

山頂はどんどん混んできます。
軽くランチを済ませ早々に下山です。

登る時には”裾”を通った「蚕玉岳(2979m)」の山頂を踏み、
29_convert_20190827203404.jpg
下山を続けます。

「富士見岳」まで来ました。
30_convert_20190827203421.jpg

ここも登ります。
31_convert_20190827203444.jpg

富士見岳山頂(2818m)です。
32_convert_20190827203505.jpg

山頂から下をパチリ。
33_convert_20190827203522.jpg

33-1_convert_20190827203557.jpg

畳平に戻り帰路に。

手ごろに行けると思って来ている人もいて、ズルズルと滑って、下りるのに大変そうでした。
最低限、靴だけは準備した方がいいと思いました。

久しぶりの3000m級の山は、やっぱり気持ちいい~!
花々に出逢えたことも本当にうれしかったです!
夏の終わりの山行きでした。




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2019.08.08/ 20:09(Thu)
石田三成が水攻めを進めていた「忍城」まで来ました。

実は、”木っ端”が映画「のぼうの城」を観てから来たいと思っていたお城です。

古墳公園の丸墓山古墳で忍城の事を知り、思いがけず来ることが出来ました。

本当にラッキーでした。

忍城の由来が書かれています。
1_convert_20190808195416.jpg

案内図もありました。
1-1_convert_20190808200300.jpg

御三階櫓が見えて来ました。
2_convert_20190808195434.jpg

城門を出ると
3_convert_20190808195452.jpg
お堀がありました。
4_convert_20190808195511.jpg

お堀と橋と御三階櫓が美しいです。
5_convert_20190808195727.jpg

鐘楼もありました。
6_convert_20190808195557.jpg

資料館には映画「のぼうの城」のポスターが貼られていました。
7_convert_20190808195615.jpg

これで今回の予定は終了です。

後半3か所は、予定外の思いがけない所でしたが、お店の人が勧めて下さったお蔭で訪れる事が出来ました。

暑くて暑くて、汗まみれの行程でしたが、目的があると動けるものです。

充実した時間を過ごせました。




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
”埼玉”の語源になった行田市「さきたま古墳公園」に来ました。
1_convert_20190808171143.jpg

広~いです。

たくさんの古墳があります。
2_convert_20190808171205.jpg

愛宕山古墳です。
3_convert_20190808171224.jpg

瓦塚古墳です。
4_convert_20190808171240.jpg
二重の堀が巡らされ、ブリッジがあり、前方には「造出」がありました。
4-1_convert_20190808171302.jpg

丸墓山古墳です。
6_convert_20190808171336.jpg
直径105m、高さ18.9m日本で一番大きな円墳と言われています。
5_convert_20190808171319.jpg

ここの頂上に、”忍城の水攻め”の進行具合を確認するため、石田三成が本陣を築いたと言われています。

眼下に円墳が見えました。
6-1_convert_20190808171355.jpg

稲荷山古墳です。
7_convert_20190808171418.jpg

8_convert_20190808171434.jpg

とてもきれいに整備され、広々とした公園です。

思いがけず訪問出来ました。

そしてここから「忍城」へと回る事にしたのです。




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2019.08.08/ 10:40(Thu)
吉見百穴から10分位の「吉見観音」へ来ました。
IMGP9235_convert_20190808103502.jpg
このお寺「安楽寺」は、”坂東11番札所”で、古くから「吉見観音」として親しまれているそうです。

仁王門です。
IMGP9234_convert_20190808103406.jpg
案内板には、元禄15年に再建された門だと書かれています。

本堂は、寛文元年の再建で、堂内欄間には左甚五郎作の「野荒しの虎」が納められています。
IMGP9236_convert_20190808103426.jpg

三重塔は、本堂より古く、寛永年間の建立です。
IMGP9237_convert_20190808103630.jpg
無駄を省いた簡素な姿に、凛とした佇まいを感じます。

こんなにいい所を紹介して下さったお店の人に感謝です。

次は、もう一か所勧められた「さきたま古墳群」に向かいます。




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2019 木っ端と布切れ, all rights reserved.