FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

今回の山行きに、ぜひ立ち寄りたい所がありました。

江戸時代幕府直轄の城下町として栄えた「天領日田」です。

日田市豆田町には、往時をしのばせる建造物、町並みが残っています。

「伝統的建造物群保存地区」に指定されています。
1_convert_20190614195820.jpg

江戸時代に建てられた”長屋”がそのまま残っていて、店舗になっています。
2-2_convert_20190614195915.jpg

2-1_convert_20190614195859.jpg

軒の灯りも素敵です。
4_convert_20190614200005.jpg

3_convert_20190614195949.jpg

古い町並みもいい雰囲気です。御幸通りです。
6_convert_20190614200042.jpg

天領日田資料館です。
7_convert_20190614200100.jpg
興味深い資料がいっぱい詰まっていました(ゆっくり古文書を読んでみたかったです)。

「雛御殿」です。
8_convert_20190614200117.jpg

日田は、経済や文化の中心地として繁栄をきわめ、京都や大阪で買い求められた絢爛豪華な雛人形が、今もたくさん残っています。
9_convert_20190614200137.jpg

12_convert_20190614200226.jpg

14_convert_20190614202613.jpg

13_convert_20190614200245.jpg

”見栄っ張り雛”と表記されていたお雛様…袖の刺繍がすごかったです。
11_convert_20190614200211.jpg

10_convert_20190614200153.jpg

日田では、七月に「日田祇園祭」が開催されます。少し前のポスターです。
15_convert_20190614200303.jpg

そのミニ山鉾も展示されていました。
16_convert_20190614200323.jpg

橋の向こうの山の中腹に(民家の左側)石垣が見えました。丸山城跡だそうです。
18_convert_20190614200356.jpg

三階建ての建物は、江戸時代から続く薬舗「日本丸館」です。
5_convert_20190614200024.jpg

日田土鈴「東光堂」さんで「墨絵ひな土鈴」を購入。
IMGP8975_convert_20190614200439.jpg
作者は、平成17年年賀状の当選記念切手に載った土鈴の製作者だそうです。

包装紙も紙袋もいい感じです。
IMGP8976_convert_20190614200459.jpg

数軒のお店の人達と話しましたが、どの方も”心持ち””物言い”などに「天領」を誇りにされている事が感じられました。
品物を売ろうというよりも、品物への”思い入れ””誇り”が言葉に現れていて感じよかったです。

次は「グルメ」です。テレビでやっていた「日田焼きそば」を食べて〆にしました。
19_convert_20190614200416.jpg





 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
スポンサーサイト
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
今回も長者原から登ります。
駐車場から三俣山が薄っすらと紅く染まっているのが見えます。
1_convert_20190613131541.jpg
それとは対照的な山容の硫黄岳が一緒に写り込みます。

長者原ビジターセンターです。
2_convert_20190613131602.jpg

マップをいただいて確認し、湿原へ。
3_convert_20190613131621.jpg

4_convert_20190613131636.jpg

湿原から硫黄岳をパチリ。
6_convert_20190613131706.jpg

湿原にイブキトラノオが咲いていました。
7_convert_20190613131723.jpg

登山口です。
5_convert_20190613131652.jpg
今回も「雨ヶ池」経由のコースを進みます。

日曜日に雨が降った為、ぬかるんでいました。
階段が付けられている所もあります。
10_convert_20190613131937.jpg

「坊がつる」へ進みます。
8_convert_20190613131835.jpg

ウツギが登山道に散り敷かれています。
9_convert_20190613131853.jpg

9-1_convert_20190613131908.jpg

大分登って来たと思った時,木道が現れ、
11_convert_20190613131955.jpg
「雨ケ池」に到着。
12_convert_20190613132016.jpg

そこから一時間ぐらい進むと「坊がつる」が眼下に見えました。
13_convert_20190613132034.jpg

「坊がつる」まで下りて来ました。
14_convert_20190613132049.jpg
広々とした平原でとても気持ちがいい所です。

そこを横切り「平治岳」へ。
15_convert_20190613132115.jpg

全体にピンク色の山肌が遠望できます。
16_convert_20190613132140.jpg

登り専用登山道から登ります。
16-1_convert_20190613132200.jpg

咲いていました!咲いていました!本当にびっしりと咲いていました。思いっきり写真に納めました。ご覧ください。
21_convert_20190613132345.jpg

17_convert_20190613132216.jpg

18_convert_20190613132233.jpg

19-1_convert_20190613132302.jpg

山頂です。
22_convert_20190613132406.jpg

今回は山頂の南面が特にきれいでした。
25_convert_20190613132519.jpg

星生山・硫黄山・三俣山とミヤマキリシマです。
20_convert_20190613132321.jpg

坊がつるとミヤマキリシマです。
24_convert_20190613132500.jpg

下山専用登山道を下り、
26_convert_20190613132538.jpg

北大船山へ。
27_convert_20190613132604.jpg

急登ですが、足元のタテヤマリンドウ、
28_convert_20190613132624.jpg
コイワカガミ、
29_convert_20190613132640.jpg
マイズルソウを見ながらゆっくり登りました。
30_convert_20190613132659.jpg

振り返ると、先程登った平治岳がピンクに染まった姿を見せていました。
31_convert_20190613132719.jpg

「北大船山」山頂です。
32_convert_20190613132740.jpg

ミヤマキリシマをどアップで!
33_convert_20190613132759.jpg

充分満足したので坊がつるまで下ります。

帰路は”すがもり越え”で長者原へ戻る事にしました。
34_convert_20190613132817.jpg

この写真の中央一番下に”法華院温泉”の建物がありますが、ここの中を通って堰堤横を登ります。
ガレた岩場をペンキ跡を辿りながら登ります。
ピークが”すがもり峠”です。
石造りの避難小屋が建っていました。
ここからの下りもガレ場です。
硫黄岳の異様な山容を後方にひたすら下ります。
そして舗装路に出ました。
ここから長者原までも長かったです。
今日全行程、休憩も含めてですが10時間でした。
久しぶりの長い行程でしたが、よく歩けました~。

今回も”登山のおまけ”があります。次のブログで。


 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
登山口です。
1_convert_20190603155329.jpg

2_convert_20190603155346.jpg
今日は日曜日ですが、朝早いので空いています。

すぐにイワカガミを見つけました。
3_convert_20190603155407.jpg

ミツバオウレンも咲いています。
4_convert_20190603155426.jpg

シラネアオイ群生地に向かいます。
5_convert_20190603155445.jpg

咲いていました!咲いていました!満開です!
6_convert_20190603155502.jpg

7_convert_20190603155521.jpg
繊細な花びらです。
8_convert_20190603155538.jpg

9_convert_20190603155556.jpg

10_convert_20190603155614.jpg

11_convert_20190603155650.jpg

充分満足したので山頂へ向かいます。
チゴユリ、
12_convert_20190603155706.jpg
オオバキスミレを写しながら最初は急な登山道を登ります。
13-1_convert_20190603155723.jpg

”イカイワノ肩”へ来ました。
14_convert_20190603155743.jpg

ここからも花がいっぱい咲いていて写真を撮りながらゆっくり登ります。
ムラサキヤシオツツジ、
15_convert_20190603155803.jpg
ヒメイチゲ、
16-1_convert_20190603155849.jpg
ツバメオモトたちです。
18_convert_20190603155952.jpg

そしてシャクナゲが一番いい状態で待っていてくれました。
19_convert_20190603160010.jpg

20_convert_20190603160032.jpg

”イカイワの頭”まで登って来ました。
21_convert_20190603160055.jpg

オオカメノキも純白でとてもきれいです。
22_convert_20190603160112.jpg

そしてシャクナゲの第二段目の場所に来ました。
24_convert_20190603160149.jpg

23_convert_20190603160133.jpg
ここもきれいです。

足元にはヒメイチゲの花と実が…コロンとついていてかわいいです。
25_convert_20190603160225.jpg

26_convert_20190603160243.jpg

ミヤマキンバイ、
27_convert_20190603160302.jpg
エンレイソウ、
28_convert_20190603160320.jpg
コミヤマカタバミ、
29_convert_20190603160338.jpg
トウカイスミレ?も咲いています。
35-1_convert_20190603160638.jpg

そしてシャクナゲの第三段目の場所に。
立ち枯れの木とのコラボがお庭のようで素敵です。
30_convert_20190603160402.jpg

31_convert_20190603160450.jpg

タケシマラン、
35_convert_20190603160617.jpg
イワナシ、
32_convert_20190603160512.jpg
ミツバオウレンの群生を見ながら行くと
33_convert_20190603160533.jpg

八間山(1934.5m)山頂です。
34_convert_20190603160552.jpg

今日は、本当に花が多くてうれしかったです。
パンとコーヒーで軽く済ませ、下山開始です。
途中で、大勢の登山者が続々と登って来ました。日曜日だからでしょうか。
早く登ってよかったです。
駐車場や、
36_convert_20190603160719.jpg
野反湖もガスが晴れて見えました。
37_convert_20190603160740.jpg

売店の横の「関東の富士見100景」案内板をパチリ。
38_convert_20190603160803.jpg

帰路、飯山市へ回り、先日テレビで見た「まぼろしの手打ちそば」富倉そばをいただきました。
オヤマボクチを練り込んである、とってもすっきりとした、風味豊かな美味しいそばでした。(写真を撮り忘れました…)

やっぱり山はいい~!ですし、プラス”おまけ”もいいですね!



 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
~わくわくメーグル!ぐるっとメーグル!~の観光ルートバス「メーグル」の1DAYチケットを買ってスタートです。
_convert_20190531084123.jpg

頂いたマップを参考に場所を選びます。

最初に「ノリタケの森」へ。
_convert_20190531084020.jpg
緑がいっぱいの広~い庭の中にあるクラフトセンターでは、オールドノリタケの素晴らしさにため息が出ました。

下車したバス停まで戻り、20~30分間隔で運行しているバスに乗ります。

次は「名古屋市美術館」へ。
_convert_20190531084140.jpg
ここは観光対象にはなっていないのですが、「広小路伏見」で下車すればすぐ近くです(乗り降り自由です)。

美術館では、特別展「印象派からその先へー」が開催中で、ミレー、モネ、ルノワール、ゴッホ、ピカソ、シャガールなどの絵画を見る事が出来ました!
IMGP8536_convert_20190531083926.jpg

次は「名古屋城」です。
_convert_20190531084157.jpg

丁度、武将隊が出陣の時でした。
_convert_20190531084039.jpg

ここでは、「400年前の屏風絵」が二点特別公開中でした。
400年前の屏風絵特別展示_convert_20190531083852

フラッシュ禁止での撮影はOKでしたので本丸御殿の内部もカメラに納めて来ました。
_convert_20190531084100.jpg

1_convert_20190531084220.jpg

2_convert_20190531084236.jpg

3_convert_20190531084252.jpg
天守閣もまもなく工事の為囲われて見られなくなる為か、観光客がめちゃめちゃ多かったです。

名古屋駅に戻って来ました。

最後に高島屋で開催中の「和ーモダン・キルト展」へ。
_convert_20190531083951.jpg
キルト作家の作品200点が一堂に展示され、素晴らしかったです。

近場でしたが、タイムリーな場所が多く、充実した一日となりました。

お気楽四人組は熱さにも負けないで(25日は最高に暑い日でした)…本日の歩数14000歩。 

今回もよ~く歩けました!



 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
少し時期が遅くなってしまいましたが、シャクナゲに逢いに「烏帽子岳(865.1m)」へ出掛けました。

山容です。
1-1_convert_20190514152258.jpg

いつものように時山登山口から登ります。
1_convert_20190514152239.jpg

「烏帽子」という名の通り”急登”の登山道をジグザグに登って行きます。
2_convert_20190514152318.jpg

鉄塔の巡視路の階段もあります。
3_convert_20190514152333.jpg

最初の鉄塔に着きました。
4_convert_20190514152348.jpg

ガレ場を登りきると”新緑”が目に飛び込んで来ました。
5_convert_20190514152405.jpg

ツツジも咲いています。
6_convert_20190514152420.jpg

さらに進むと”シャクナゲ”が…咲いていました!
7_convert_20190514152437.jpg
まだ間に合いました!
9_convert_20190514152506.jpg

8_convert_20190514152452.jpg

10_convert_20190514152523.jpg

ツツジもアップに。
11_convert_20190514152540.jpg

岩場には、やはりたくさんのシャクナゲが待っていてくれました。
12_convert_20190514152600.jpg

14_convert_20190514152634.jpg

イワカガミもかわいかったです。
13_convert_20190514152616.jpg

白のシャクナゲです。
15_convert_20190514152722.jpg

シャクナゲの写真をいっぱい撮りましたのでご覧ください。
15-1_convert_20190514152743.jpg

14-1_convert_20190514152703.jpg

15-2_convert_20190514152759.jpg

15-3_convert_20190514152815.jpg

そして最後の急登を登り切ると
17_convert_20190514152856.jpg
山頂です。
18_convert_20190514152916.jpg

ヤシオの白も咲いていました。
21_convert_20190514153026.jpg

19-1_convert_20190514152948.jpg

20_convert_20190514153007.jpg
いつ見ても清楚で、美しい花です。

ランチをして下山です。

途中、イワカガミと、
22_convert_20190514153044.jpg
タモの木の花をパチリ。
23_convert_20190514153107.jpg

下山途中、山頂であった人がどうにも気になり、”木っ端”がもう一度山頂まで戻り、シャクナゲの群生地まで案内して来ました。
初めて来た人で、山頂で群生地を説明したのですが、ここは何か所も登山道があり、間違えやすいのです。
シャクナゲ群生地で別れてホッとして下山しました。

少し時期は遅かったのですが、咲いていてうれしかったです。

今年も元気に登る事が出来ました!

暑い日で、汗をいっぱいかきましたが、気持ちはスッキリ!清々しいです!

やっぱり”山はいい~!”です。





 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2019 木っ端と布切れ, all rights reserved.
まとめ