FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

2011.09.28/ 21:02(Wed)
これ以上ない”上天気”に「雨飾山(1963m)」へ行って来ました! 雨飾高原キャンプ場までの道路は道幅も広く、舗装されていて快適でした。登山口も駐車場の脇にあり迷う事無くスタート出来ます。

登山口

雨飾山案内ポスター

すぐ湿地帯になり、木道を進みます。

湿地帯の木道

しばらくはブナが多い道の急登が続きましたが、ブナは木の中で一番好きな木なので、時々立ち止まって見上げたりしました。

ブナ

ブナ平

ブナの中の登山道

急登が終わり荒菅沢の下りに差し掛かると、目の前にドッカーンと雨飾山の稜線が現れました。

荒菅沢への下りの途中(頂上が見えた)

あのとんがり山が頂上?のようです。荒菅沢まで下り、冷たい水で顔を洗ったりして、見上げるとまたまた頂上が青空の中にくっきりと見えました。

荒菅沢出合から頂上を望む

荒菅沢を徒渉すると、再び急登が続きます。途中”布団菱”という大岩が見られましたが、布団の縫い目のような菱型の線があるのでそう言われるそうです。

布団菱

急登の最後は石がゴロゴロとした道になり、ハシゴもあり、

ハシゴ

ハシゴ (2)

気を付けて登り、やっと平らな”笹平”に出ました。

笹平

笹平 (2)

ここを通り、少し下って鞍部に出、さらに急坂をひと登りすると山頂です。

笹原から頂上へ

山頂は三角点のある”南峰”と

雨飾山頂上

南峰頂上

お地蔵様が祀ってある”北峰”からなる双耳峰で、

北峰頂上と白馬連峰

下から見上げた程とんがっていませんでした。山頂からは360度の大パノラマで「白馬連峰」
白馬連峰

「穂高連峰・槍ガ岳」
穂高・槍ヶ岳

「八ヶ岳とその上に浮かぶ南アルプス」
八ヶ岳・南アルプス

「焼山と火打山」
焼山と火打山

「姫川港」
姫川港

「戸隠連峰とその中央に富士山」
戸隠連山と中央に富士山

が見えました。下山は往路を下りましたが、最後までガスもなく、素晴らしい天気で、最高の山行きとなりました。この山が好きで何度も登っている人とお話しましたが、海の見える山は数少なく、まして今日のように姫川港も船も見えるなんて・・・としきりに感激して見えました。最高の日だったんですね! 小谷温泉奥の湯”雨飾荘”で汗を流して、おいしい”蕎麦”をいただいて帰りました。 やっぱり・・・山はいい! です。




ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。                            

 
スポンサーサイト
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2011 木っ端と布切れ, all rights reserved.
まとめ