FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

2013.06.24/ 10:03(Mon)
梅雨の中休みの日曜日「甲武信岳(2475m)」へ登って来ました。毛木平駐車場を4時50分に出発。
毛木平駐車場

登山口

すぐに十文字峠への分岐があり、そこを源流方向に道を取り進みます。千曲川源流遊歩道は、新緑の真っ只中!気持ちのいい道です。
新緑の登山道

少しずつ高度を上げながら西沢の流れと共に進み、それがかぼそい流れになり、ついに絶えた所に「千曲川・信濃川水源地標」と書かれた標柱が立っていました。
水源地標

チョロチョロと出ている水を飲みましたが、実においしかったです。
最初の一滴

そこから、このコースで初めての急登を稜線まで登り、
稜線上の案内

次の急なガレ場を登り切ると
頂上直下のガレ場

「甲武信岳」頂上でした。
頂上

徐々に高度を上げ、最後にカ~と登ると「えっ、もう頂上?」という感じでした。まだもう一登りあると思っていただけにすごくうれしかったです。頂上はガスっていて展望はききませんでしたが、この時期だから仕方がありません。頂上に立てただけで感激です。ガレ場にはコイワカガミがたくさん咲いていました。
コイワカガミ

すぐ15分位の甲武信小屋に下り、
甲武信小屋

そこで軽く食事をし、復路は十文字峠コースをとる事にしました。小屋から頂上をトラバースする道を使い、
トラバースの道

次の「三宝山(2483m)」を通り、
三宝山

白岩山を巻き、「大山(2225m)」へ。
大山頂上

この辺りはシャクナゲのトンネルかと思われる位シャクナゲが群生していました。
シャクナゲの登山道

シャクナゲ (2)

シャクナゲのトンネル

シャクナゲ

シャクナゲに見惚れてばかりいられません。ここからの下りは、急斜面で、ハシゴやクサリ場があり、網の様な木の根や、岩場が多くかなり慎重に進みました。
クサリ場 (2)

急な下り

クサリ場

こちらから登る人達はきつそうでしたが、それもまた達成感がハンパないと思います。十文字小屋の屋根が下の方に見えた時はホッとしました。
十文字小屋

そこで水分を取り、すぐ出発し、十文字峠を通り、
十文字峠

傾斜がゆるくなった道を登りの道との合流点目指して下り、
緩やかな下山道

合流点から
合流地点

毛木平駐車場へ。登り3時間30分、下り4時間10分。充分満足しました。駐車場近くの車道の両脇は一面にベニバナイチヤクソウが樹林の中を覆いつくしていました。こんなに群生しているベニバナイチヤクソウは始めてみました。6月に来てよかったです。
ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ (2)





    ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2013 木っ端と布切れ, all rights reserved.