FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

2013.09.26/ 14:22(Thu)
中禅寺湖の北側にそびえる「男体山(2486m)」は、湖畔から見あげると、圧倒される大きさで、まさに”そびえて”いました。
中禅寺湖側からの男体山

今回は「表登山道」ではなく、「志津乗越」からのコースを登ります。三本松茶屋(ここからの男体山も雄大でした!)
三本松茶屋からの男体山

の近くの”裏男体林道”に入り、しばらく先の志津乗越駐車場に車を置き、狭い登山道を入ります。
志津乗越登山口

すぐ志津避難小屋に着きます。
避難小屋

ここには二荒山神社志津宮が祀られていて、石仏も並んでいました。
二荒山神社志津宮

石仏

ここからの登山道は、雨降りの時は水道(みずみち)となっているのでしょう、深くえぐられていて、段差も大きくて、とても歩けません。踏み跡が脇の木の根元を辿るようにあり、そこを歩く事が多く、ぬかるみも多く、とても大変でした。それも登って、登って、登っての道です。(今年はこういった山が多かったな~)
登山道

登山道 (2)

登山道 (3)

一合目、二合目、三合目~と標識が立っていて、それを見ながら一歩一歩高度を上げて行きます。
合目表示

七合目と八合目の間には大きな”爆裂口”があり、その端を歩きました。
爆裂口

九合目に来るとやっと平らな所に出ました。
九合目

ここから尾根伝いに頂上へ。
三角点

頂上には「二荒山神社奥宮」
二荒山神社奥宮

「大国主命像」
大国主命像

「宝剣」が立ち、
宝剣

信仰の対象の山だという事がよく解ります。
頂上はガスっていましたが、途中は陽がさしていて、始まったばかりの紅葉がとてもきれいでした。
紅葉

ナナカマドの紅葉

帰路、裏男体林道で、何度も、たくさんの鹿が道を横断して行きました。鹿って渡り終わってから振り返るんですね。写真を撮ってみました。
鹿の群れ

頂上付近はもう気温が低く、これからは紅葉も楽しみですね。          ”秋”の中へ、出掛けましょう!




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。


          
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2013 木っ端と布切れ, all rights reserved.