FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

2014.04.27/ 11:58(Sun)
富士山を眺めながらの山歩きが出来る「三つ峠山(1786.1m)」へ行って来ました。
コースはいろいろありましが、いこいの森から登るコースにしました。ネットで調べたところ、こちらが一番楽しみが多いようでしたので・・・でもその分”健脚向け”というおまけも付いていました。
いこいの森からの道は、まだ桜が咲いていました。
登山口へ

登山口から入ると
登山口

すぐ「だるま石」があり、
だるま石

登山道はジグザグに登って行きますが、勾配は割と急で、すぐ汗が出始めました。
「股のぞき」からは、雲一つ無い「富士山」がきれいに見えます。
股のぞき

股のぞきからの富士山

このコースは、左側に常に富士山が、贅沢に付いて来てくれます。
富士山
神々しい姿に申し訳ない位です。
さらに進むと馬もここで返ったとされる「馬返し」です。
馬返し

だんだん急登になって来ました。この辺りから石仏が祀られ始め、”石仏大好き人間”にとって堪らない道でした。
「愛染明王塔」
愛染明王塔

「不二石」
不二石

「一字一石供養塔」
一字一石供養塔

「親不知の碑」
親知らず

「西国三十三か所観音文字塔」
西国三十三ケ所観音文字塔

「愛宕尊」
愛宕尊

「空胎上人の墓」
空胎上人の墓

「坂東三十三ヶ所観音塔」
坂東三十三ヶ所観音塔

さらに崖の上の窪みにも「石仏」が・・・
崖の上の窪みに石仏が
やはりかっては信仰の山だったのでしょう。
極めつけは「八十八大師」です。登山道のすぐ脇で一団となって、富士山を仰ぎ見るように祀られていました。
八十八大師 (2)
この登山道を選んで本当に良かったです。

さらに進み「神鈴権現社」を過ぎると
神鈴権現社

「屏風岩」が現れ、若者達がロッククライミングの練習をしていました。
ロッククライミングの訓練
見上げるとゾッとしますが、楽しみ方もいろいろだなぁと感じました。
この山も雪の多い山らしく、途中大きい雪渓が二か所ばかりありました。
雪渓

最後の階段状の急登を過ぎると「三ツ峠山」山頂です。富士山が一緒に写ってくれました。
三ツ峠山頂

今日はずっと富士山と一緒です。
富士山2

「御巣鷹山(1775m)」にも登ってみましたが、
御巣鷹山へ
山頂をデッカイ建物が占領していてガッカリです。
御巣鷹山山頂の建物

ランチ後、三つ峠山荘の横から往路を戻ります。
三つ峠山荘

この頃から登ってくる人が多くなりましたが、皆さんきつそうでした。急登できついのですが、富士山に励まされ、頂上に立った人だけが知っているあの”感動”のために頑張れるのだと思います。

やっぱり”山”はいい~です!



 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
    
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2014 木っ端と布切れ, all rights reserved.