FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

7月20日(日)に現地に近付いたのですが、雨降りでしたし、山登りは明日の予定にしていたので、世界遺産の「中尊寺」へ寄り道する事にしました。
参道を進みます。
参道

境内には御堂がたくさん建ち、雨降りにもかかわらず大勢の観光客で賑わっていました。
薬師堂

御堂

お目当ての「金色堂」は、
金色堂入口
目の前近くでまばゆく輝き、内部の細かい細工も精巧でため息が出る程でした。
撮影禁止でしたので、外の遠くから望遠で撮りました。
金色堂

横には、以前、金色堂が覆われていた「覆堂」(重要文化財)が残されていましたが、なかなか歴史を感じさせる建物でした。
金色堂覆堂

チケットを買った建物「讃衡蔵」では、三千点を越える国宝・重要文化財が収蔵され、展示室では、金色堂の装飾がわかり易く解説されていました。

「能楽殿」も見るからに歴史を伝える建物で、8月にここで行われる”薪能”を見てみたいと思いました。
能楽殿

能楽殿 (2)

ぐるっと回って門を出ると、お囃子の音が・・・どうやらお祭りの様です。
迎え太鼓に合わせて、
迎え太鼓
神輿が近づいて来ます。
お囃子が
「平泉水かけ神輿」だそうです。
水を掛けまくる為、雨の日も当然決行です。
すでにみんなびっしょびしょです。
水かけ神輿 (2)

水かけ神輿 (3)
近くに居ると、観光客でも水浸しになると言われました。
偶然とはいえ、一年に一度のこのお祭りに出会えた事は、本当にうれしい事でした。寄り道してよかった~!
ポスター


次の”おまけ”は、最終日、早池峰山下山後の温泉が「遠野」に近かったので、またまた寄り道。
国指定重要文化財「千葉家」(南部曲がり家)へ。見晴らしのいい小高い丘の中腹に石垣を築き、そこに建てられている曲がり家は、お城の様でした。
千葉家曲がり家

人間の住む母屋と馬小屋を直角に連結した曲がり家は、
曲がり家
四代目当主が、飢饉で困窮した人々の救済の為、約10年の歳月をかけて普請したという事でした。
広い敷地には、稲荷神社、大工小屋、作業小屋、蔵等が建ち、山からの豊富な水は生活用水として使われ、お庭も山の斜面を利用した素晴らしいものでした。
中庭へ

住居部分

ここから「道の駅遠野風の丘」~「道の駅みやもり」へ寄り、めがね橋をカメラに納めていたら、偶然列車が通りました。
めがね橋(遠野)
水路だと思っていましたが、鉄橋だったようです。
これも何本も通る列車ではないそうでラッキーでした!

 さあ帰りましょう~!


 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2014 木っ端と布切れ, all rights reserved.