FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

2015.06.28/ 15:41(Sun)
橋の中間にこの車止めがあります。
駐車場への橋
下りてコロコロっと移動させ、通った後にまたコロコロっと元に戻します。
何の為なのか解りません。
そこから少し入った所が駐車場です。

今日は「天王山(537m)」へ”Aコース”から登ります。
コース案内

Aコースは距離が一番長いのです。
Aコースから

最初の鉄塔の下に出ました。
最初の鉄塔

そこから進むとまた鉄塔が・・・ここに「ササユリ」の案内板があり、
鉄塔下の案内

ササユリの実
時期としてはピッタリなのですが、写真の様な状態で花は終わっていました。

さらに進むと”Bコース”と合流し、
Bコースと合流

次に”Cコース”と合流。
Cコースと合流

少し進むと「立岩」の案内があり、二股になっていましたので、
立岩へ

立岩の方へ進み、そこを登り、
立岩を登る

ちょっとした”クサリ場”を越えると、
クサリ場

展望が開け、いい景色が見られました。
立岩からの展望
谷間の開けた所に点在する集落を見ると昔の人達が住みやすい所を選んで住み始めた事がよく解ります。

お隣の「誕生山」への分岐を過ぎ、
誕生山への分岐

”大矢田神社からのコース”と合流すれば頂上はまもなくです。
大矢田神社からの登山道と合流

頂上からは、
山頂

名古屋のタワーや、近くの集落がきれいに見えました。
名古屋のタワー

山頂からの展望

山頂には7人の登山者が、途中擦れ違った人が5人と、暑くても登っている人はどこでもみえますね。
どなたも夏山の為に鍛えとかないと・・・と話してみえました。

下山は”Dコース”を下りましたが、
下山はDコース
距離が短く、すぐDコース登山口に下りてしまいました。
Dコース登山口

駐車場まで行く途中に「御不動様」が祀られていましたが、ここにも昔は集落があった事がうかがえます。
不動明王

お地蔵様にかける「よだれかけ」がお不動様にかけてあり、厳ついはずのお不動様が何だかかわいかったです。

いい汗を一杯かきました。

やっぱり”山はいい~!”です。




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
スポンサーサイト
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2015 木っ端と布切れ, all rights reserved.
まとめ