FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

3日目は、旭川市内で午前中ゆっくりし、午後幌尻岳方面への移動に当てる事にしました。
午前中に「外国樹種見本林」の中に建つ「三浦綾子記念文学館」へ行きました。
外国樹種見本林

三浦綾子記念文学館
静寂がよく似合う所でした。
この作家の本を読み続けた時期があり、懐かしい感覚の中、直筆の原稿や取材ノート、たくさんの出版本を見て回りました。
あらためてこの作家の真摯な強さを感じました。
立ち寄れてよかったです。
「外国樹種見本林」は背の高い木々の集まる森で、生前、三浦綾子さんとご主人がよく散歩された所だそうです。
散策路にはチップが敷かれ、足の裏にやさしい感覚が伝わって来ます。

この後は、道の駅で食事をし、
道の駅あさひかわ

日高方面「とよぬか山荘」へ移動しました。
とよぬか山荘へ

とよぬか山荘は、廃校になった校舎を宿泊所に再利用されていて、ベッドが完備され、お風呂もあり、トイレもウォッシュレットで、快適な所でした。
とよぬか山荘
山荘内
夕食はジンギスカンでとてもおいしかったです。
明日は3時のバスです。早目に寝ました。

4日目 今回の山行きの最大の目的である「幌尻岳」へ!
4月初めに「幌尻山荘」の予約が取れ、折り返し「とよぬか山荘」と「シャトルバス」の予約も入れ、今日を迎えました。
待ちに待った「幌尻岳(2053m)」です。
朝3時のバスで林道第一ゲートまで出発です。(山荘でおにぎり4個をいただいて)
3時にバスで出発

1時間で到着。
その後取水施設までさらに林道を7km歩きます。
林道を出発

取水施設からは糠平川右岸沿いに踏み跡を辿ります。
取水施設

右岸をスタート

途中、岩にある狭い棚(へつり)を通る所もあります。
へつり

そして最初の徒渉地点に到着。
ここで”木っ端”は地下足袋に草鞋、
”木っ端”

”布切れ”は渓流釣りの靴に履き替え、
”布切れ”
これ以降何度も徒渉を繰り返します。
岩場にダイモンジソウが、
ダイモンジソウ2
河原にはカライトソウが咲いていました。
カライトソウ

深い所で膝辺りまでで、水も冷たくて気持ちよくて・・・もっと入っていたい位でした。
渡渉1

渡渉2

渡渉3

増水で徒渉禁止のときもあると聞いていましたので、始めて来て徒渉出来たのは本当にラッキーでした。
ペンキやテープの指示に従って
目印のテープ
徒渉を繰り返していると「幌尻山荘」に着きました。
幌尻山荘

宿泊手続きを済ませ、ブルーシートの上で登山靴に履き替え、荷物は小屋の床下にある物入れに入れ、少し休憩した後、幌尻岳頂上を目指します。
山荘の脇からかなりの急斜面をジグザグを繰り返しながら高度を上げて行きます。
山荘の脇から登る

急登

「命の水」まで来ました。
命の水

ここからも急登が続き、ハイマツ帯に出ると尾根です。
このヤセ尾根は重なり合った岩があったり、ハイマツの根っ子があったり・・・足を引っかけない様に慎重に進みます。
ヤセ尾根

お花畑へ

そして、その先には信じられない位のお花畑が広がっていたのです。
カールとお花畑

お花畑

朝4時から歩き続けて来た疲れもすっかりどこかへ行ってしまいました。
何なんでしょう!
こんな過酷な山に、こんなに可憐な花々が・・・。
リンネソウ、
リンネソウ
ムカゴトラノオ、
ムカゴトラノオ
ミヤマリンドウ、
ミヤマリンドウ (2)
ミヤマホツツジ、
ミヤマホツツジ
ミヤマダイコンソウ、
ミヤマダイコンソウ
ミヤマアズマギク、
ミヤマアズマギク
ヒメウメバチソウ、
ヒメウメバチソウ
ナガハキタアザミ、
ナガハキタアザミ
トカチフウロ、
トカチフウロ
タカネヨモギとイワブクロ、
タカネヨモギとイワブクロ
カラフトイチヤクソウ、
カラフトイチヤクソウ
エゾヒメクワガタ、
エゾヒメクワガタ
エゾツツジ、
エゾツツジ
エゾツツジ (2)
エゾシオガマ、
エゾシオガマ
ウズラハハクサンチドリ、
ウズラハクサンチドリ
ウスユキトウホレン、
ウスユキトウヒレン
イワギキョウ、
イワギキョウ
イワオトギリなどがたっくさん咲いていました!
イワオトギリ
充分癒されました。
カールの縁を辿っての登りは楽ではありませんでしたが、展望と花々に囲まれて、実に幸せな時間でした。

新冠コースと合流し、
新冠コースと合流
少し登ると
もうすぐ頂上
幌尻岳山頂に着きました!
幌尻岳頂上

頂上は風が強く、ガスが飛ぶように流れ、青空がスコンと抜けたり、
スコンと青空が

隣の「戸蔦別岳」が貫禄を見せつける様に突然姿を見せたり・・・。
カールと戸嶌別岳

”とうとう幌尻岳のてっぺんに立てた”という感動に浸りながら眺望を楽しみました。

さあ山荘まで下山です。
さすがに足が疲れているので、慎重に、こけないように下りました。
ここは、宿泊のみの為、シュラフと食事は持ち込みです。
今夜もお気に入りの「香る野菜カレー」で夕食にします。
何でもブルーシートの上で行い、小屋の中へはシュラフしか持ち込めません。
天気がよいことが本当にラッキーでした。
雨でも外の為、傘をさして食事をしなくてはいけないんです。

今日は11時間歩きました。
定員満タンの小屋でしたが、あっという間に夢の中でした~。

疲れたけど大満足の一日でした!


明日は11時のバスが予約してあるので、それに間に会う様に往路を戻ります。
徒渉はとっても楽しみですが、長い林道歩きが・・・。
がんばろっと・・・。

 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。

 
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2015 木っ端と布切れ, all rights reserved.