FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

2017.03.30/ 14:36(Thu)
ご気楽四人組が、青春?切符で京都へ。

御所が通年公開となり、以前のように予約しなくてもよくなりました。

行ってみると並んでいる人たちがいます。

案内の人に聞いたところ、ここは「仙洞御所」といって、時間を区切って案内付きで見学するところで、午後の予約のための列だとの事、私たちも並んで予約を取り、その時間まで「御所」を見学する事にしました。
仙洞御所

さすが御所です。
受付で住所氏名年齢を書き、免許証を提示しなくてはいけませんでした。
仙洞御所見学受付

予約を済ませ御所へ。

ここでは持ち物検査がありました。

順路に沿って進みます。

御車寄、
御車寄

紫宸殿(左近の桜・右近の橘)、
紫宸殿案内


紫宸殿

清涼殿、
清涼殿

御池庭、
御池庭

蹴鞠の庭等を見学しました。
蹴鞠の庭

パンフレットによれば、明治2年に明治天皇が東京へ移られるまでの約500年間天皇のお住まいとして使用されたという事です。

幕末の王政復古の大号令、ご箇条のご誓文の発布が行われた歴史的舞台であるとも書かれています。

華美に過ぎず、それでいて厳かで、美しい建造物をゆっくり見学出来ました。

軽く昼食を済ませ「仙洞御所」へ。

もう一度引換券と免許証を提示し案内の人に従って見学開始です。

仙洞御所の御車寄です。
仙洞御所御車寄

ここは、皇位を退かれた天皇の御所ですが、嘉永7年の大火の後、造営されなかったため、
二つの茶室、又新亭
又新亭

醒花亭
醒花亭

以外建物はなく、雄大な庭園が往時の面影を残しているだけとの事でした。
南池八つ橋

南池・一升石

ゆっくりとした案内の人の説明、ペースに乗り、ゆったりとした気持ちで見学出来ました。

御所を後に「二条城」へ…歩いて移動しましたが、30分位かかりました。
石垣

二条城

ここでは国宝「二の丸御殿」を見学。
唐門(二の丸御殿正門)

唐門アップ

二の丸御殿の外観

二の丸庭園

書院造の代表例で、国内に残る唯一の御殿群として国宝に指定されています。

内部は、写真撮影禁止だったため載せられませんが、唐門や庭園はカメラに納めて来ました。

バスで京都駅に戻り、お菓子を物色し帰路に。

いっぱい歩いて、いっぱい観て、いっぱい笑って…やめられませんね~!



 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。

 
スポンサーサイト
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2017 木っ端と布切れ, all rights reserved.
まとめ