FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

3月の「いなか舎てくてくめぐり」に来てくださる方たちの「俳画展」に出掛けました。

年々盛況になり、圧倒されます。
俳画展講師作品

俳画展会場飾付

皆様のエネルギーを少しでも頂いて、頑張りたいものです。

会場を後に、もう一つの目的地へ。

”行ってみたいノート”に載せていた「石塔寺(いしどうじ)」です。
石塔寺

山門前で拝観料を払い、長い階段を登ります。
石塔寺山門

石塔への階段

階段脇にはたくさんの五輪塔や石仏が並べられています。

そして上には、高さ7.5mの大きな石塔(阿育王塔)(国重文)が立ち、その回りは、たくさんの五輪塔に囲まれていました。
石塔2

石塔

近くには、宝塔・五輪塔二基が。…こちらも国重文に指定されています。
宝塔・五輪塔二基

また、境内は夥しい数の石塔や石仏で埋め尽くされていました。
たくさんの石仏

たくさんの五輪塔

石仏

さらに進むと山上を一周するように「八十八か所道」が造られ、そこにも石仏が並んでいました。
八十八か所道

本当にたくさんの石塔・石仏で、驚きました。

本堂にお参りし、
石塔寺本堂

次は関寺跡(長安寺)へ。

電車の線路と山に挟まれた狭い所にありました。
長安寺参道

参道を登るといきなり右側に大きな「牛塔(石造宝塔)」が現れました。
牛塔

牛塔の謂れ

初めて見る形です。

大きさにもびっくりです。

本堂脇にはこれから整備されるようで、石仏がもたせ掛けてありました。
長安寺本堂

これで今回の目的は終了です。

俳画展の雰囲気と、たくさんの石仏、石塔に癒された一日でした。



 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2017 木っ端と布切れ, all rights reserved.