FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

案内書によると、史実に基づいた復元をということで、発掘調査を行い、検出された建物跡等から忠実に復元されたと書かれています。
1-1_convert_20200225111345.jpg

道も戦国時代の道に戻したとあり、ワクワクしながら進みました。
1_convert_20200225111147.jpg

門を通り進むと、「南の物御台」からすでに見つかってしまいました。
2_convert_20200225111405.jpg

堀切を通り
3_convert_20200225111426.jpg
「南の丸 腰曲輪」へ。
4_convert_20200225111446.jpg

井戸の跡もありました。
5_convert_20200225111507.jpg

さらに登ると頑丈な「柵列」が。
6_convert_20200225111528.jpg

「西の丸」です。
7_convert_20200225120320.jpg

そこに「西物見台」が建っています。
8_convert_20200225111613.jpg

9_convert_20200225111937.jpg

南の丸にある「厨」です。
10_convert_20200225112000.jpg

「本丸」まで来ました。
11_convert_20200225112020.jpg

ここには足助の町から見えた建物「本丸と長屋」が復元されていました。
IMGP0775_convert_20200225115651.jpg

本丸内部です。
12-1_convert_20200225112232.jpg
城主鈴木氏の家紋は「抱き稲穂」と「下り藤」だそうです。

「北腰曲輪」を通り下山です。
13_convert_20200225112257.jpg

14_convert_20200225112319.jpg

よく整備されていて見学しやすかったです。

「いま、真弓の山頂に戦国の山城が、四百年ぶりに蘇った…。」とのパンフレットの書き出しがぴったりのお城でした。




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2020 木っ端と布切れ, all rights reserved.