FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

2021.02.24/ 11:25(Wed)
セツブンソウを見てから30分位で着きました。
「小谷城戦国歴史資料館」です。
中央に見える山が「小谷山」です。
1_convert_20210223225023.jpg

ここで資料を頂き登城します。
44_convert_20210223231557.jpg

追手門の方へ。
2_convert_20210223225043.jpg

ここから「小谷城址」へ進みます。
3_convert_20210223225102.jpg

「真柄峠祉」まで来ました。
4_convert_20210223225123.jpg

次は「金吾丸」、
5_convert_20210223225145.jpg
ここにも駐車場があり絵図がありました。
6_convert_20210223225215.jpg

「番所跡」です。
7_convert_20210223225236.jpg

7-1_convert_20210223225301.jpg
お城への入口で検問所があった所です。

「お茶屋跡」です。
8_convert_20210223225322.jpg

8-1_convert_20210223225343.jpg
庭園跡が見られます。
8-2_convert_20210223225413.jpg

「馬洗池」です。
9_convert_20210223225433.jpg

「御馬屋跡」です。
10_convert_20210223225540.jpg

10-1_convert_20210223225611.jpg

道なりに登って行きます。

”伊吹山”がよく見えます。
11_convert_20210223225632.jpg

「首据石」です。
12_convert_20210223225657.jpg

「赤尾屋敷跡」です。
13_convert_20210223225717.jpg
浅井長政がここで自害したと言われています。

「桜馬場跡」です。
15_convert_20210223225805.jpg

「黒金御門跡」です。
14_convert_20210223225738.jpg
桜馬場と大広間の間に位置し、両側には巨石があります。

「大広間跡」です。
16_convert_20210223225858.jpg

16-1_convert_20210223225920.jpg
”千畳敷”とも呼ばれ、小谷城最大の曲輪跡です。

ここから上がった所が「本丸跡」です。
17_convert_20210223225942.jpg
石垣が残っています。
18_convert_20210223230008.jpg
天守など城の中心となる建物があったとされる場所です。

「大堀切跡」です。
19_convert_20210223230035.jpg

20_convert_20210223230059.jpg
本丸跡の北にある大規模な堀切です。

「中丸跡」です。
21_convert_20210223230121.jpg

21-1_convert_20210223230146.jpg
石垣が残っています。
22_convert_20210223230208.jpg

「刀洗池」です。
23_convert_20210223230232.jpg

「京極丸跡」です。
24_convert_20210223230258.jpg

24-1_convert_20210223230322.jpg
信長の小谷攻めの時に、秀吉が水の手谷からここに攻め上がってきたといわれます。

「小丸跡」です。
25_convert_20210223230344.jpg

「山王丸跡」です。
26_convert_20210223230414.jpg

26-1_convert_20210223230436.jpg

「六坊跡」です。
27_convert_20210223230506.jpg

27-1_convert_20210223230536.jpg

ここから「大嶽城跡」へ登ります。
28_convert_20210223230603.jpg
ここは小谷山最高峰(495m)に位置し、浅井亮政の築城当時には本丸があった所です。

階段状の道をひたすら登ります。
29_convert_20210223230632.jpg

29-1_convert_20210223230654.jpg

雪も残っています。
30_convert_20210223230722.jpg

そして「大嶽城祉」へ到着。
31_convert_20210223230746.jpg

31-1_convert_20210223230821.jpg

土塁が残っています。
31-2_convert_20210223230844.jpg

ここで遅めのランチ。
ここまで登ると、やっぱり”登山”でした。
装備をしてきて正解でした。

下山は、小谷山の西尾根と東尾根との谷にあたる”清水谷”を下ります。
33_convert_20210223230939.jpg
家臣団の屋敷があった所だそうです。

「土佐屋敷跡」と、石垣です。
35_convert_20210223231039.jpg

35-1_convert_20210223231106.jpg

「三田村屋敷跡」と石垣です。
36_convert_20210223231135.jpg

36-1_convert_20210223231202.jpg

「竪堀跡」もあります。
39_convert_20210223231322.jpg

「御屋敷跡」です。
40_convert_20210223231349.jpg
浅井長政、お市の方とその子らが暮らした屋敷跡です。

御屋敷を守るように土塁が残ります。
41_convert_20210223231416.jpg

「徳昌(勝)寺跡」です。
42_convert_20210223231445.jpg
浅井家の菩提寺で、落城後、秀吉によって長浜に移されたそうです。
現在、長浜市平方町に「徳勝寺」としてあり、浅井三代のお墓があります。

そして資料館まで戻って来ました。

少し離れた所の駐車場に放映記念の”兜”がありパチリ!
43_convert_20210223231509.jpg

往復3時間でしたが、歴史に触れながらの”濃い”登山が出来ました。

セツブンソウに始まり、素敵な一日となりました。

帰ります!





 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
 
スポンサーサイト



Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2021 木っ端と布切れ, all rights reserved.