FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

「レオナルド✖ミケランジェロ展」が岐阜市歴史博物館で開催されていて、今日が最終日です。
岐阜市歴史博物館

IMGP3380_convert_20171123172115.jpg

その為か会場は大勢の人で行列が出来ていて、かなり待って入場しました。

三か所カメラOKの所があり、それにより両者の対比がよくわかるようになっていました。

パンフレットに~左利きのレオナルドは左上から右下へのハッチングが特徴的であり、
レオナルドダビンチ

右利きのミケランジェロはクロスハッチングと呼ばれる、斜線を交差させる描き方~と書かれていました。
ミケランジェロ

ルネサンスの二大巨匠による希少な素描を見比べられる日本で初めての試みだそうです。

素描のほか、油彩画、彫刻、
IMGP3385_convert_20171123172201.jpg
手稿、書簡などもあり、日本初公開作品もありました。

公園の中を通って帰りましたが、紅葉がきれいで、散策している人も多く、とても賑わっていました。
岐阜公園

午後は、タウンホールで開催された「歴史講談~信長の東美濃攻略・夕雲の城」を聞きに行きました。
講談の舞台

信長の東美濃攻略に翻弄され、この地で「堂洞合戦」が起こり、多くの物語が語り継がれて来た事を題材に語られた「歴史講談」は、なかなか聴き応えがありました。

マンガ本「夕雲の城」を読んだのですが、耳から聴く歴史は、より迫力があり、臨場感を感じました。

今回、町の学芸員の方から発表がありましたが、新発見があったのです。

それは、「堂洞軍艦記」が発見され、その中に”八重緑”という名前が記されていたのです。
堂洞軍艦記
この”八重緑”は、伝承上の名前で、書物には書かれてこなかったのです。

すごい事です!
この軍記物がよく残っていたものです!
感動です!

今日は、頭の中が熱くなる位”濃い”一日でした。




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。


スポンサーサイト
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2019 木っ端と布切れ, all rights reserved.
まとめ