FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

「てくてくめぐり」が無事、盛況の内におわり、片付ける間もなく岡山へ出掛けました。

備前焼に惹かれ、度々行っているうちに懇意になった方から「備前細工物のきのう・きょう・あした展」の冊子とハガキが届きました。

「てくてくめぐり」の間は行けないので、最終日の前日に何とか出掛ける事が出来ました。

会場は岡山市内の天満屋五階の美術画廊です。

作品を観て本当に感激しました!

”備前焼”というと”大きくて立派な壺”というイメージがありますが、この会場には、本当に細かく、繊細で、作者の気持ち溢れる細工物が展示されていました。

5_convert_20180316154546.jpg

そして私たちは、こういった作品が好きだったんだと改めて感じました。

案内を送って下さったお母さんと娘さんの作品たちです。
1_convert_20180316154439.jpg

2_convert_20180316154459.jpg

4_convert_20180316154530.jpg

3_convert_20180316154514.jpg

会場の案内の人から許可を受けカメラを向けました。

隅々までやさしさと気配りが溢れ、気持ちが暖かくなります。

これは、他の作家さんの作品ですが”金属”を感じさせる不思議な作品で、とっても気に入りました。
6_convert_20180316154604.jpg

遠い所までがんばって来てよかった~!

感動をありがとう~です!

帰路、姫路へ寄り道。

「書写山円教寺」へ。
10_convert_20180316160259.jpg

平安時代中期建立の、天台宗三大道場の一つです。

「行きたい所、見たい物ノート」に随分前から書いあったお寺で”西の比叡山”と呼ばれている所です。

ロープウェイ乗り場へ行くと、
16_convert_20180316160444.jpg

運休だったため、登山道を登る事にしました。
7_convert_20180316160208.jpg

登山道には一丁、二丁といった石塔の案内が立てられています。
8_convert_20180316160225.jpg

普通、山は10合目が山頂ですが、ここ書写山(371m)は18丁目が山門でした。
9_convert_20180316162410.jpg

境内は広く、華やかな賑わいはないのですが、荘厳で静かな所でした。

自然の地形のまま建物が建ち、谷を下ったり登ったりして廻ります。

本殿である「魔尼殿」は、岩を背に建ち、
12_convert_20180316162429.jpg

造りは清水寺の様に木組みされています。
11_convert_20180316160319.jpg

映画「ラストサムライ」でも撮影された「食堂」です。
13_convert_20180316160353.jpg

「奥の院」まで行って戻りました。

14_convert_20180316160409.jpg

姫路城主本多家の墓所も一基毎にお堂が建てられ、江戸時代の廟建築が解る貴重な建物として、県指定されていました。
15_convert_20180316160426.jpg

同じ道を下山しました。

思い掛けない”登山”でしたが、心も体もゆったりとした空気の中、清々しい一時を過ごせました。



 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。

スポンサーサイト
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2019 木っ端と布切れ, all rights reserved.
まとめ