FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

19日の新聞で知り楽しみに出掛けました。

各務原市にある「坊の塚古墳」です。
1_convert_20181222193410.jpg

2_convert_20181222193429.jpg

時々雨がパラパラと来る天気でしたが、現場では100人を超える”古墳大好き人間”の熱気が溢れていました。
5_convert_20181222193556.jpg

5-1_convert_20181222193612.jpg

4世紀末に造られた岐阜県で二番目に大きい古墳です。
IMGP7219_convert_20181222194905.jpg

ここで三段の石積み(葺石)が明らかになったのです。
3_convert_20181222193447.jpg

各務原市教委の近藤学芸主事さんの、とても解りやすい説明を聞きました。

資料から抜粋すると…すべての調査区で、古墳の盛土を覆っている葺石が見つかった。
堆積した土を取り除くと、一面に葺石が現れ、その一番下には、葺石を支える基底石という大きめの石が配置されている。
古墳の表面は階段状になっていて、斜面にのみ葺石が貼られている。
斜面と斜面の間には小段(平地)があり、この古墳は3段に造られている。
大和朝廷の許可がなければ造れない時代に、3段の墳墓を造れる富と権力を持った豪族の墓ではないかという内容でした。

また、前方部と後円部の境目も、基底石が途中できれいに折れ曲がって並べられていてとてもよく分かりました。
4-1_convert_20181222193538.jpg

説明の後、上へ登って見学しました。

三段の墳頂部では、円筒埴輪が4個、見つかった状態のままにしてありました。
3-1_convert_20181222193504.jpg

またテント内では、今までの調査で出土した土器等が展示されていました。
後円部の墳頂部で行われた祭祀に使われたとみられる様々な遺物です。
6_convert_20181222193628.jpg

7_convert_20181222193644.jpg

9_convert_20181222193755.jpg

10-1_convert_20181222193832.jpg

11_convert_20181222193851.jpg

10_convert_20181222193813.jpg

「古墳王子」と思われる小学生からの質問を聞き、将来の後継者かも…と頼もしく思いながら帰路につきました。





 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
スポンサーサイト
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 
Copyright © 2019 木っ端と布切れ, all rights reserved.
まとめ