FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

昨夜の広島焼”みっちゃん”の様子です。
1_convert_20201119124748.jpg

2_convert_20201119125149.jpg

3_convert_20201119125209.jpg
美味しかった~!

ところで、このツアーはフリータイムが多い事も魅力のひとつです。
二日目がまるっと一日フリーで、帰りの新幹線に間に合うようにすれば何処へ行ってもOKです。

事前に”しまなみ海道”の「生口島」に的を絞って下調べをして来ました。
ここは、日本画家平山郁夫の生誕地で、美術館があることが大きな動機です。

広島からJR山陽本線で三原へ。
4_convert_20201119125232.jpg

三原港から高速船で生口島(瀬戸田)へ。
5_convert_20201119125251.jpg

~ようこそ瀬戸田へ~
6_convert_20201119125308.jpg

瀬戸田観光案内図です。
7_convert_20201119125326.jpg
島といってもかなり広いです。

最初に「平山郁夫美術館」へ。
8_convert_20201119125346.jpg

日本画家平山郁夫は昭和5年、瀬戸田の旧家に生まれ、瀬戸内の島々を眺め、自然豊かな環境の中で育ったということです。
平山郁夫の生い立ちから少年時代の絵画、スケッチ、下絵、ハイビジョンなど、貴重な平山芸術の資料などにも接することができます。

館内はすごく広く、作品もたくさん展示されていました。

カメラOKでしたので、ここに少し載せます。
10_convert_20201119125426.jpg

12_convert_20201119125506.jpg

13_convert_20201119125526.jpg

11_convert_20201119125447.jpg

お庭も清楚で落ち着いた雰囲気で素敵です。
9_convert_20201119125405.jpg

ゆっくり見て回りました。

外へ出ると、11月中旬とは思えない暑さです。

島特産のレモンと伯方の塩のジェラードを頂きました。
14_convert_20201119125553.jpg

次は「耕三寺」です。
15_convert_20201119125618.jpg

昭和11年から30年余りかけて造られた堂塔で、飛鳥・奈良・鎌倉・江戸の代表的仏教建築の様式や手法を取り入れて建立されています。
15-1_convert_20201119125637.jpg

中でも、日光陽明門を10年がかりで再現した「孝養門」は絢爛豪華で、本当に日光にいるようです。
16_convert_20201119125658.jpg

ここから耕三寺の一角の小高い丘にある「未来心の丘」へ登ります。
17_convert_20201119125720.jpg

建築家・杭谷一東氏の手によって創られた造形「未来心の丘」です。
イタリアの大理石のみが使用されています。

青い空に映えます。
18_convert_20201119125741.jpg

19_convert_20201119125801.jpg

20_convert_20201119125823.jpg

眼下に瀬戸内の海が美しいです。
21_convert_20201119125848.jpg

帰りは少し新しい?高速船でした。
IMGP4762_convert_20201119125916.jpg

帰りに三原駅前で思いがけず”はっさく大福”が売っていてうれしかったです。

さあ旅は終わりです。
広島駅まで戻って帰路に着きます。
晴天に恵まれた素敵な旅でした!





 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
スポンサーサイト



 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 
Copyright © 2020 木っ端と布切れ, all rights reserved.