FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

2021.03.06/ 21:19(Sat)
いい天気です。
梨割山が青空に映えています。
1_convert_20210306192341.jpg

「梨割山~加治田城」はいつも行っているので、今日は”堂洞合戦”で加治田城と戦った「堂洞城跡」へ”自宅”からウオーキングで行ってみます。
”堂洞合戦”は、「信長公記(首巻)」にも書かれています。
「信長公記」の筆者”太田牛一”がこの戦で大活躍し(弓の名手)、信長に3度もお褒めの使者を送られ、知行も上げて頂いたと書いています。

光宗寺前を通り、
2_convert_20210306192409.jpg

左手に東海環状線と、その向こうに「高木山」を見ながら、夕田への坂を越えます。
3_convert_20210306192429.jpg

桃の花が満開です。
4_convert_20210306192449.jpg

坂を下った所の、右の小山が「茶臼山古墳」です。
6_convert_20210306192534.jpg

5_convert_20210306192510.jpg
堂洞合戦で、信長が「高き塚から眺めていた…」とあり、そこが「茶臼山古墳」ではないかと推測されています。

ここの近くに「式内佐久太神社」があります。
7_convert_20210306192618.jpg
立ち寄ってみることにしました。

長~く、急な階段を登ります。
8-1_convert_20210306192655.jpg

この神社は、約千年前に”延喜式内社”として認められた極めて古い創建で、格式の高い神社です。

境内には「明治四年笠松県」の石柱がありました。
9_convert_20210306192731.jpg

お地蔵様が祀られている所を通り先へ進みます。
10_convert_20210306192802.jpg

「堂洞城跡」の案内があります。
11_convert_20210306192827.jpg

その少し先の「こちらでござる」から登ります。
12_convert_20210306192855.jpg

「八畳岩」へ先に行きます。
13_convert_20210306192930.jpg

14_convert_20210306193002.jpg
ここで城主や城兵が月見の宴を催したと言われています。

分岐に戻り、向かい側「堂洞城跡」へ行きます。
15_convert_20210306193041.jpg

痩せ尾根を進みます。
15-1_convert_20210306193109.jpg

堂洞城跡到着。
16_convert_20210306193445.jpg

先程の”茶臼山古墳”がすぐ近くに位置しています。
18_convert_20210306193530.jpg
信長が戦況を眺めていた所…納得です。

戦った”加治田城”もここからよく見えます。
19_convert_20210306193559.jpg

位置関係がはっきりしたところで、蜂屋へ下ることにしました。

大きな天池(農業用水のため池)がありました。
20_convert_20210306193622.jpg

古い石仏が祀られています。この道は、昔、間道だったのかも…。
21_convert_20210306193647.jpg

そして”蜂屋から夕田へ越える山道”から堂洞城入口まで戻って来ました。
22_convert_20210306193719.jpg

馬酔木が満開です。
23_convert_20210306193749.jpg
早っ!今年初めて見ました。

夕田地区の石仏がもう一体、大きなサザンカの木の下に祀られていました。
24_convert_20210306193813.jpg
いい雰囲気です。

そして我が家まで帰って来てスマホを見たら14000歩!よ~く歩けました!

気温が高く、久しぶりに汗びっしょりになりましたが、坂道が多く、適度に負荷が掛かり、いいウオーキングになりました!







 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
スポンサーサイト



 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 
Copyright © 2021 木っ端と布切れ, all rights reserved.