FC2ブログ
趣味の木工とキルト達
http://koppatonunokire.blog92.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mii.

Author:mii.
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

天気が下り坂のため先に「金華山」へ登る事にしました。
いつものように「瞑想のこみち」からです。
1_convert_20210416145418.jpg

シラーのことばをパチリ!
2_convert_20210416145440.jpg

パスカルのことばもぱちり!
3_convert_20210416145501.jpg

ツツジがきれいです。
4_convert_20210416145520.jpg

伊奈波神社の旧跡まで来ました。烏帽子岩です。
5_convert_20210416145539.jpg

”丸山”では、現在でも毎年例祭が行われると書かれています。
6_convert_20210416145600.jpg

馬の背登山道を行きます。
7_convert_20210416145619.jpg

岩場を短時間で山頂まで登るコースでこんな所を登ります。
8_convert_20210416145639.jpg

9_convert_20210416145658.jpg

10_convert_20210416145719.jpg

11_convert_20210416145739.jpg

途中に石垣が残っています。道三の時代のものでしょうか?
12_convert_20210416145802.jpg

登り詰めました。
13_convert_20210416145822.jpg

美しい岐阜城です!(青空でないのが残念です)
14_convert_20210416145843.jpg

コーヒータイムの後、大好きな石垣へ。
15_convert_20210416145905.jpg

信長の入城後に造られた石垣と書かれています。
16_convert_20210416145932.jpg

本丸井戸です。
17_convert_20210416150000.jpg

お城のビューポイントからパチリ!
18_convert_20210416150023.jpg

石段途中に残る石垣。
19_convert_20210416150049.jpg

堀切です。
20_convert_20210416150109.jpg

21_convert_20210416150129.jpg

下山は「百曲り登山道」を下ります。
22_convert_20210416150152.jpg

そして下り切りました。
23_convert_20210416150214.jpg

自販機に「明智光秀」が…
24_convert_20210416150235.jpg
少し前まで「麒麟が来る」のドラマ館があったからでしょうか。

そして「岐阜市歴史博物館」へ。
27_convert_20210416150412.jpg

噴水が出迎えてくれました。
26_convert_20210416150327.jpg

特別展”壬申の乱”をゆっくり、じっくり見て回りました。
じつはここに富加町から貸し出された「大宝二年御野国加毛郡半布里戸籍(複製)」が展示されているのです。
出土品が多い中、存在感を感じました。
本物は正倉院にあり、正倉院展で見たことがあります。
この戸籍は偶然が重なり、奇跡的に全巻正倉院に保管された形で残った日本最古の戸籍です。
せっかくなので注目点だけでもピンポイントで大きく見える工夫がしてあるといいなと思いました。

藤とハナミズキがとてもきれいな岐阜公園を通って帰りました。
25_convert_20210416150259.jpg

雨も落ちてこなくてよかったです。
半日でしたが”山”も”歴史”も体感出来、有意義な時間を過ごせました。




 ブログランキングに参加しています。ポチっと押して頂けるとうれしいです。
スポンサーサイト



 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(1) 
 
Comment
 

満喫ですね!

ブログ見て金華山登った気になりました。エアー金華山。ひどい雨だもんなあ。石垣ってどこなんだろう。今度登る時探してみます。

NAME:てんこ | 2021.04.17(土) 12:21 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 
Copyright © 2021 木っ端と布切れ, all rights reserved.